読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masalibの日記

システム開発、運用と猫の写真ブログです

Titanium MobileのAlloy開発 番外編 その2

Titanium

なぜTitaniumを選んだのか?

iphoneandroidのアプリの開発方法について

1・ネイティブのアプリ作成
  Object-Cとjavaの両方を覚える必要がある為、工数がかかる
2・フレームワークを使用してObjective-CJavaをかかずに作成
  このフレームワークにはTitaniumとPhonegapなどがあります
  ※他に下記のようなフレームワークがあったのですが特化したり、有料だったので
   割愛しています
     Sencha Touch(デバイスに依存するもの(カメラ、音)ができない)
      日本語のドキュメントが少ない
      (アプリの速度はTitaniumとPhonegapより早い)
     monaca(phonegapをWEBで開発できるようにしたもので有料)
     C# (VisualStudioのライセンスが必要で有料)
     FLASH_AIR(パブリッシュするのに有料のライセンスが必要)
     Cocos2dx(ゲーム特化したフレームワーク
     unity (ゲーム特化したフレームワーク
 フレームワークについて
  どちらとも無料で使用できます

 欠点として
   ネイティブよりアプリの速度が遅い、
   最新のOSのAPIの提供に時間がかかる

Phone Gapについて

①作成環境
 HTML,CSS,JavaScriptを静的なサイトのようにローカルで編集する。
 node.js以外のツールは不要。
②動作原理
 Web Viewなどを立ち上げ、作成されたHTMLを読み込んで表示する。
③メリット
 Web Viewをサポートしていればどんな環境でも動作する。
 プラグインによる拡張がシンプル。
④デメリット
 UIのクオリティがWeb Viewのクオリティに依存する。
 特にAndroidでは制限がある。ネイティブのUIを使った拡張ができない。
 UIコンポーネント(レイアウト機能)が無く
 例えばiTunesのようなテーブル、リストビュー、タブを設置するのも
 全部作る必要があります。
 Titaniumと比べてアプリの速度が少し遅い

Titaniumについて

①作成環境
 TitaniumStudio
②動作原理
 ネイティブコード上でJavaScriptの実行環境(iOSではJavaScriptCoreAndroidではデフォルトのV8またはRhino)
 が動作し、JavaScriptソースコードを実行時に解釈して動作する。
③メリット
 ネイティブ UI を使うので、見た目や挙動は
 iOSAndroid が提供しているプラットフォーム標準の物になります。
④デメリット
 新たな環境に対応させるのが難しく、iOSAndroid、Web,tizen,blackberryにしか対応していない。
 APIの習得が必要になる
 参考URL:http://kevinwhinnery.com/post/22764624253/comparing-titanium-and-phonegap

Titaniumでおこなうと決めた理由

①UI部分
 Phone Gap にはUIコンポーネント(レイアウト機能)が無い
 1から作るのは難しいと判断したため
API
 Phone GapよりTitaniumの方が多く提供されていたため
③速度
 ネイティブに比べてフレームワークは速度が遅い、その中でも早いものを選択したかったから

上記よりTitaniumで開発するようにした

上記のように
ごたくを並べていますが
はてなblogやzaimというアプリが
Titaniumを使っているから
選びました~♪