読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masalibの日記

システム開発、運用と猫の写真ブログです

googleのdatastudioを試してみた

masalib.hatenablog.com
の為に色々なレポートを調べてました
Googleアナリティクスにはマイレポートとカスタムレポートみたいな物が元々あるそうです
今年に7月頃にdatastudioサービスが無料で使えるようになったそうです
そちらを試してみました

google datastudioとは

簡単にいうとGoogleアナリティクスのレポートに見栄えをよくした物です
レポート作成ツールです
データのソースはGoogleアナリティクス以外にも
adwordsやBigQueryやcloudSQL、Googleスプレッドシートmysqlなどあります
詳しくはこちらです
http://www.kagua.biz/tool/google-tool/g-datastudio.html



比較

Googleアナリティクスのレポートとgoogle datastudioの比較は以下のとおりです

  マイレポート datastudio
レポート数 20個 5個
列(指標) 3列(カスタムならもっといける) 7個までいけた
レポートサンプル ギャラリーなど半端ないかずがある googleが少し提供している程度
セグメント分類 できる できない
フィルタ表示 できる できる
共有 オブジェクト,テンプレートのリンク,ギャラリー テンプレートのリンク
PDFエクスポート できる できない
日時でメールの連絡 できる 見当たらない
過去のデータとの比較 できる できる

masalib調べなので、間違っていたら指摘してください
マイレポートやカスタムレポートで十分!!

ですが

google先生のデフォルトのグラフは味気ない形なのです



作ってみた結果

実際に自分が作った物を見てもらえればわかるかと思います
f:id:masalib:20161201141323j:plain

華やかになりました~

Googleアナリティクスのレポートだと
f:id:masalib:20161202130548j:plain

google先生カラー」ってな感じ・・・


画像じゃなくてdataStudioをみたい人は以下のリンクをクリックしてください

https://datastudio.google.com/open/0B5Ld1mXpv3XbYXQ0MUV2TXFnTU0(データはサンプルデータです、英語表記です)

自分のほしいデータを組み合わせてレポートを作成する事ができます

表示されたレポートは、データソースを変えれば
私のGoogleアナリティクスのデータじゃなくても使えます

やり方は

メニューの「ファイル」を押して、「コピーを作成」を選択してください
f:id:masalib:20161130225427j:plain

データソースを自分のGoogleアナリティクスを選択すれば使えます
f:id:masalib:20161130225454j:plain

datastudioの利用規約などがでるかもしれないのですが
そちらは許可してください



所管について

いい所

1枚のレポートで上司やお客様に報告しないといけない
といったケースでは非常に使えると思いました

残念な所

・エクスポート(印刷)ができない
  →コンセプトらしいので諦めるしかないです
・Data Studio側からのクエリ発行・計算ができない。指標をつくって計算が必要
スプレッドシートとGAのデータを合算してチャート描画ができない

・SearchConsoleのデータを取得する事ができない
  → このデータは無理なのね・・・
・グーグルのマイレポートもそうですが
 先々月を指定できない。毎回指定するしかないのかな・・・

グラフを作る上で勉強する時に使った本

そもそもどんなグラフを作るべきなのか
理解していなかったので勉強しました


どうやったらいいのかわからない人向け

ちょっとやった事がある人向け
つくったグラフの見方やどのグラフがいいのかも記載
Googleアナリティクス以外のツールも

入門 ウェブ分析論――アクセス解析を成果につなげるための新・基礎知識 増補改訂版

入門 ウェブ分析論――アクセス解析を成果につなげるための新・基礎知識 増補改訂版

広告の言葉を勉強したい人むけ向け
改善のサンプルが少ないのでちょっと残念

サイトの改善と目標達成のための Web分析の教科書

サイトの改善と目標達成のための Web分析の教科書

目標は入門ウェブ分析論の
サイトの課題を発見する10STEPをやっていきたい

1・トレンドの把握(1年の傾向)
2・サイトの流入内訳の確認
3・検索エンジンからの流入の分析
4・リファラーの分析
5・入口と出口の分析
6・ユーザーの地理分析
7・サイトの主要導線の分析
8・コンバージョンの直前のページ分析
9・コンバージョンの分析
10・特定ページの分析(トップ10)