masalibの日記

システム開発、運用と猫の写真ブログです

浮気がばれた・・・

なんでだろう・・・

すぐにバレた。

違う娘の匂いがするって・・・おかしいな~結構な時間が立っているだけど

だって可愛かったんだよ・・・

猫カフェの猫

ということで猫カフェに行って浮気をしてきました。

なぜか猫どもにバレてしまい「くんくん」がしつこい!!いつもは帰ってくるとすぐに撫でてと甘えるのにそれもない。

f:id:masalib:20200605022924j:plainf:id:masalib:20200605022931j:plainf:id:masalib:20200605022936j:plainf:id:masalib:20200605022941j:plainf:id:masalib:20200605022946j:plainf:id:masalib:20200605022950j:plainf:id:masalib:20200605022956j:plainf:id:masalib:20200605023000j:plainf:id:masalib:20200605023007j:plainf:id:masalib:20200605023012j:plainf:id:masalib:20200605023018j:plainf:id:masalib:20200605023023j:plainf:id:masalib:20200605023029j:plainf:id:masalib:20200605023034j:plainf:id:masalib:20200605023039j:plainf:id:masalib:20200605023045j:plain

最終的にはちゅーるで誤魔化した。

Deno.landで環境変数を使う

前回,MYSQLの接続のプログラムを書いたのですが、パスワードとかをソースに書くのは普通はしないです。なのでデプロイも考慮して環境変数に接続情報を記載します。参考にしたのがHerokuにアップするWEBアプリケーションだったのでコマンドベースです。ファイルでの環境変数の設定もあるのですが、自分もherokuにアップする予定なので今回は使いません

続きを読む

Deno.landでmysqlに接続してデータを取得する

WEBアプリケーションと言ったら兎にも角にもmysqlでしょ!! という事でDeno.landでmysqlに接続してデータを取得したいと思います

続きを読む

Deno.landでhttpサーバーを立てる

Hello Worldでサーバーは立てているのですが これはちょっと違う。ということで node.jsと言ったらexpressでしょ!!

expressやkoaに影響をうけたoakを使っていきます

import {Application,Router} from "https://deno.land/x/oak/mod.ts";

const port =  5000 
const app = new Application()
const router = new Router()

app.use(router.routes())
app.use(router.allowedMethods())

router.get('/hello', ({response}: { response: any }) => {
  response.body = 'Hello World '
} )

console.log(`Server Running on port ${port}`)

await app.listen({port })

実行には--allow-netが必要です

deno run --allow-net simpleServer.ts

router部分がexpressっぽい!!

ちなみに存在しないアクセスの場合は404になるみたい

apiっぽい使い方をしたいので今後は postmanというアプリケーションで確認します

www.postman.com

postmanはapiサーバーを作る時に便利なのでオススメ

Deno.landでのファイルの読み書き

読み書きと書いてあるのですが書きからです

ファイルの書き込み

const encoder = new TextEncoder()
const greetText = encoder.encode("Hello World\nMy Name is Masalib")
await Deno.writeFile("greet.txt", greetText)    
  • ファイルに書き込むには、Deno.writeFileを使います。
  • 第2引数には[Uint8Array]しか渡せないため、文字列は[TextEncoder]でエンコードする必要があります。
  • 実行する時には「--allow-write」が必要です
deno run --allow-write createFile.ts 

これは公式が書いてある

明示的に有効にしない限り、ファイル、ネットワーク、または環境へのアクセスはありません。

のためです。
ちょっとめんどくさいけどセキュリティー的にはいいかも

ファイルの読み込み

let file = await Deno.open("greet.txt")
await Deno.copy(file,Deno.stdout)
file.close

https://qiita.com/niwasawa/items/a4e695c4a5ecd8ce69f1 にはDeno.copyを使うみたいな事が書いてあるのですが現実的なのは変数にいれる事なので

const result = await Deno.readFile("greet.txt");
const dec = new TextDecoder("utf-8");
const text = dec.decode(result);
console.log(text);
deno run --allow-read readFile.ts

書き込みと同様に「--allow-read」が必要です

読み書き時に[TextEncoder]でエンコードやデコードするのがめんどくさいな~

参考URL
https://scrapbox.io/deno-ja/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AB%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%82%80