masalibの日記

システム開発、運用と猫の写真ブログです

App Analytics+ASOの入門(超初心者向け)

自分向けですが
参考になれば幸いです

App Analytics

App Analyticsとは

Apple純正のアプリ解析ツールです
無料かつ、SDKを導入したり既存のAppを更新したりする必要がないツールです
公式サイト
https://analytics.itunes.apple.com/
(アプリ単位で確認できます)

f:id:masalib:20150930224819p:plain

Apple純正のガイドページ
https://help.apple.com/itc/appanalytics/

App Analyticsの機能

機能としてはメトリックス、ソース、使用率になります

メトリック:App Store 閲覧数

どのくらい見られているか?
OS 8 以降を搭載するデバイスで App の App Store ページが閲覧された回数です。
App の App Store ページを訪問せずに、検索結果などから直接 App をダウンロードできますが、App Store 製品ページの閲覧数のみ
(WEBでいうPVになる

f:id:masalib:20150930224820p:plain

メトリック:App ユニット数

どれぐらいダウンロードされたか?
App Store で App を最初に購入した数です。
App の更新、同じ Apple ID を使用した他のデバイスへのダウンロード、
同じデバイスへの再ダウンロードはカウントされません。
ファミリー共有ダウンロードは無料 App には含まれますが、有料 App には含まれません。

メトリック:インストール数

どれぐらいダウンロードされたか? 
App がインストールされた合計回数です。
同じデバイスへの再ダウンロード、同じ Apple ID を共有している複数のデバイスへのダウンロード、ファミリー共有インストールは含まれません。App の更新はカウントされません。合計数は、データの共有に同意した ユーザーのみ

メトリック:クラッシュ数

クラッシュの合計数です。実際のクラッシュレポートは Xcode で使用できます。
(どのように使えるのか未確認)

使っている途中でアプリが急にフリーズしてクラッシュしたりするとそのユーザーが
翌日からそのアプリを使わなくなってしまう事が高いです
その為、大量に発生している場合は開発者に相談する

上記以外に
APP内課金数、売上、購入したユーザー数、
アクティブなデバイス数、過去 30 日のアクティブなデバイスなどがあります

Appアナリティクスガイドの用語集より引用

■APP内課金数
OS 8 以降を搭載するデバイスで App 内課金を最初に購入した数です。同じデバイスか別のデバイスかにはかかわらず、復元された App 内課金はカウントされません。

■購入したユーザー数
App または App 内課金を購入した固有のユーザの数です

■アクティブなデバイス数
選択した期間中に少なくとも 1 セッションを行ったデバイスの数です。iOS 8 以降を搭載するデバイスのみが含まれます。合計数は、データの共有に同意した App ユーザに基づいています。

■過去 30 日のアクティブなデバイス
過去 30 日の間に少なくとも 1 セッションを行ったアクティブなデバイスの数です。合計数は、データの共有に同意した App ユーザに基づいています


経路分析(ソース):トップWEBサイト

Webサイトでリンクをタップして App Store 製品ページに移動した後、ダウンロードされた Appの数です(WEBでいうReferer

f:id:masalib:20150930224821p:plain

経路分析(ソース):キャンペーンリンク

キャンペーンリンクを作る事でどのキャンペーンからの流入が多いかを計測することができる
リンク有効期限などはない(作成した日は見れない)
セッションの有効期限は24時間
キャンペーンリンクを複数からきた場合は最後のリンクが有効

f:id:masalib:20150930224822p:plain

使用率

特定の期間中にアクティブだったデバイスの数で
使用率をもとめています


画像だとインストールした日から20日たっていますが
3%も使用されているということになる

f:id:masalib:20150930224823p:plain

App Analyticsの注意事項

・過去のデータに制限がある(全期間および過去90日間)
・ユニット数(ダウンロード数)とインストール数は同じユーザからの再ダウンロードをカウントするかどうかの違い
・App Analyticsは、診断データおよび利用情報をアプリ開発者と共有することに同意したユーザ のみを解析対象。
 どれぐら同意しているのかは、概要の「App アナリティクスデータについての?」を押すと表示される
・日付はUTC時間なので、9時間ほど時差が発生します

App Analyticsでできない事

1・androidの解析はできない
2・画面録画機能がない(ユーザーの操作ログ)
3・ファンネル分析
  どのページ、機能で離脱しているのか調査機能ができない
4・クラッシュレポート
  クラッシュに至るまでのユーザーの操作を取ることができない
5・レポートがCSVしかない
  APIやメール配信などがない
  必ずログインしてダウンロードしなければならない

 比較対象ツール
  googleAnalytics、 Repro、 Flurry、Mixpanel、Localy
 参考URL
 googleAnalytics:https://support.google.com/analytics/answer/2587086?hl=ja#GA
 Repro :http://doc.repro.io/ja/
 Flurry、Mixpanel、Localy:http://growthhack.sirok.co.jp/analysis/app_analyze_tool/

ASO

ASOとは

アプリストア最適化:App Store Optimization
ユーザーニーズに合った検索キーワードを設定し、
検索結果やランキングで目立つこと

詳しい文字数などは下記のサイトを参考にする

ascii.jp

ASO(アプリストア最適化)におけるキーワード設定のコツ!かなり重要です。 - AppScope column

ASOでチェックできるサイトについて

http://matome.naver.jp/odai/2137510294115565001
いろいろあるのですが無料で使えたのは

Serchmanでした
【SearchMan・サーチマン】モバイルSEO・iOS App Store & Google Play (Android) ASO・アプリストア最適化・App Store Optimization

アプリ名をいれると・・・・
f:id:masalib:20151001215439j:plain

ランキング
f:id:masalib:20151001215438j:plain


スクリーンショット
f:id:masalib:20151001215437j:plain

キーワード
f:id:masalib:20151001215436j:plain

知名度(searchman独自データ)
f:id:masalib:20151001215435j:plain

アプリ名、説明、レビュー
f:id:masalib:20151001215434j:plain
が表示されます

また競合アプリも表示されます
f:id:masalib:20151001220809j:plain

無料だと以下のところまでチェックできます
競合アプリを調査
順位をモニター
詳細ダッシュボード

競合アプリとのキーワードの比較もできるようです
f:id:masalib:20151001221323j:plain

一番有名なのはSimilarWebらしいのですが
日本市場はないのかな・・・
f:id:masalib:20151001221604j:plain
ちょっとわかりません

キーワードについて

どういうキーワードをいれたいれたいいのか?
答えは・・・・・たぶんユーザのニーズなのでわかりません
あくまでも個人的な意見ですが
ユーザのニーズなのでWEBサイトのCTRが
高いワードがいいのかなと思います
そのワードは検索して見てくれる = ユーザーニーズだと思います

検索にヒットしてからインストールかどうかは
App Storeの内容にかかるので
App Analyticsの解析が重要です

masalibの意見

  1. 今まで取得できなかったAppStoreのアクセス数がとれるようになったのでAppStoreのA/Bテストをおこなう事ができる(動画アップした時の効果など)
  2. キャンペーンURLを作成する事でどの広告を出した時にどれぐらい効果があったのか明確にわかる
  3. 使用率を見ることでどのタイミングでどんなアクションをとるべきなのか?考えるための材料になりそうです。またA/Bテストをする際にも仮説を立てる時に使えそうです
  4. 実際には、googleAnalytics(アプリ)などSDK方式を併用するのが好ましい  
  5. キーワードはGoogleSEOと同じ考えでいいと思う
  6. WEBの比較としては

  Googleアナリティクス =>App Analytics
  Google Search Console =>Serchman 

最後に・・・
私はアプリを作った事がないので
この記事はネットで調べたレベルです。

実際におこなっている人からみたら

(゚Д゚)ハァ?

とか言われるかもしれませんが
その時はやさしく突っ込んでもらえると幸いです