masalibの日記

システム開発、運用と猫の写真ブログです

自分が「できない」という現実を受け入れられていない

自分と同じ開発チームに入社11年(35歳)ぐらいの人がいるのですが
新しい事を覚えようとしません。そもそもプログラム開発ができません

PHPとかSQLとかを教えようとしたのですが

「無理です」

と言い切った
まじでびっくりした

 

一番学習コストが少ない言語と言われているPHPで「無理です」
と言われるとお手上げの状態です
せめて何がわからないのか教えてほしいです

 

嫁、曰く

「わからないがわからない状態なので道筋を立てないと無理ゲーだよ。」

何ができるというと
テストHTMLのコーディングです(CSSjavascriptは組めません)

 

テストと言ってもテストプログラムを作るわけではなく、

テスト仕様書に従ってテストするです
または簡単な修正しかできません

 

人の事を言える立場ではないのですが

35歳を超えると開発者は
 ・マネージメントに行く
 ・専門職を極める
の二択になると思っていたのですがそれをすらしない
自分は専門職を極める方を選択した

 

こうなる前に方向性を修正すればよかったのですが、
前任者のマネージャーがあまりにもできなかった為
匙を投げてしまい、4年も放置して何もできない人になってしまいました

そのマネージャーはやめてしまったので文句もいえない

 

自分はずーと不思議だったが

「なぜできないのに、勉強しないのか?」

「あと5年後とかも同じでいるつもりなのかな?」

「怖くないのかな?」

という疑問だった

 

嫁の予想は
「自分ができないという現実を受け入れられていない」

なんとなく腑に落ちた

 

自分はできないと受け入れる事は大切
理想とできない自分を埋めていかないと成長なんてない
もし言えるなら「勉強を裏切らないよ」とアドバイスをしたい